橘逸勢一覧

NO IMAGE

張宝高の死

新羅海商が日本側の記述から消えた背景を探っていくと、841年の張宝高の死去に端を発しているようです。 張宝高が同年に反乱を起こすと、...

NO IMAGE

新羅との関係断絶

大宰大弍の藤原衛によって新羅の海商に制限が加えられ、国家間の関係断絶にまで話が進んだ事になっています。 新羅海商との関係が新羅との外...

NO IMAGE

円仁の不法滞在の背景

円仁が唐に残った背景には、新羅人達が唐に居留区を作って唐・新羅・日本で交易しており、遣唐使船に乗らずとも帰国出来る環境が整っていた事があり...

NO IMAGE

円仁と張宝高

新羅の張宝高は841年の段階で、清海鎮(全羅南迫莞島郡)を拠点に山東半島、黄海、対馬海峡に活躍し、後に新羅の王位争いに介入して神武王を擁立...

NO IMAGE

新羅の海上勢力

承和八年(841)二月に、太政官は大宰府に仰せて、張宝高が献じた貢物の返却を命じています。 朝廷の新羅憎しは昔からで、日本書紀に目を...

NO IMAGE

840年代の新羅と日本

宮田麻呂は平安前期の官僚で、筑紫守であった時に張宝高との密交易を行っていた罪により職を解かれた後も交易を続け、承和十年(843)に新羅商人...

NO IMAGE

宮田麻呂と承和の変

承和七年十二月(841)、新羅人の張宝高が特産品を朝廷に献上するために使人を大宰府に派遣するも、拒絶されたと伝えられます。 この時に...

NO IMAGE

文室宮田麻呂の反乱

文室宮田麻呂の従者であった陽侯氏雄(やこのうじお)が宮田麻呂の謀反を告げた事件は、承和の変の翌年の話とされます。 『日本三代実録』に...

NO IMAGE

大宰府と新羅

大宰府が張宝高が派遣した使人を拒絶したとされてはいますが、実際に可能だったのでしょうか。 ここは私の行基の研究の流れの上の話になりま...