アメリカ大統領選挙

アメリカ大統領選挙が終わりましたが、
日本の報道は全てが終わったかのように
先走りしすぎていますね。

手続き上はまだ終了してはいませんが、
海外メディアに目を向けていると、
色々と違う情報も目につきます。

トランプ大統領の公式声明も出されていますね。

我々は皆、なぜジョー・バイデンが勝者を装い急いでいるのか、
なぜ彼のメディアの仲間が彼を助けようと
必死に努力しているのかを知っている。

彼らは真実が暴露されることを望んではいない。​

今回の選挙がまだ終わっていない事は単純な事実だ。​

ジョー・バイデンはいかなる州の勝者としても認定されておらず、
強制的に再集計に向かう熾烈な争いのある州や、
我々のキャンペーンが最終的な勝者を決定する可能性がある
有効かつ合法的な法的課題を抱えている州は言うまでもない。

例えば、ペンシルバニア州では、私たちの法律関係の立会人は、
集計プロセスを見るための有効な立ち合いを許可されてはいない。​

ニュースメディアではなく、法廷投票が誰が大統領になるかを決める。

​月曜日から、我々は選挙法が完全に守られ、
確実に正当な勝者が席に着くため、
法廷で我々の訴訟の作戦を開始する。

​アメリカ国民は公正な選挙を受ける権利がある。

それは、全ての合法的な投票を数え、違法な投票は数えないという事だ。

これが国民が選挙に自信を持てるようにする唯一の方法だ。

​バイデン氏の選挙運動が、この基本原則に同意することを拒否し、
たとえそれが不正で製造された投票であっても、
あるいは不適格者や死亡した投票者による投票であっても、
投票数として数える事を望むのはショッキングだ。

不正に関与した当事者だけが、傍聴人を法廷から違法に締め出し、
傍聴人の出入りを妨害して法廷で争う。

​バイデンは何を隠しているのか。 

アメリカ国民が民主主義の要求する正当な投票数を得るまで、
私に休む気はない。

ドナルド・J・トランプ大統領

大統領選挙のやり直しの署名についても
日本ではほとんど見る事はありませんが、
不正選挙戦疑惑が晴れていない状況で
フライングをしても大丈夫なのでしょうか。

メディアがここまで断定している状況で
トランプ側が裁判で勝利してしまうと、
オセロで大量に取らせておいて
最後に隅を押さえて大逆転する様に、
メディア側に致命的なダメージが
出てくるかも知れません。

トランプさんがこれを読んでいるとすれば、
既得権益の炙り出しを行う事により
大幅な改革に繋げる算段なのでしょうが、
時代の節目だけあって壮大なショーが
見られるかも知れませんね。

アメリカの選挙は日本人が主体的に関与して
影響を与えられるものではないので、
日本は日本で今後どうするかが問われますが、
大幅な変革が起こったとして、
どうするのが良いのでしょうか。

日本が自立して今後の動きを出すために、
歴史を踏まえたビジョンを提供していますが、
自らの強みを把握する事は必要でしょう。

変革の時代に必要な事は何なのか、
どの様なビジョンを持って何をすれば良いか、
明確に答えを出せる人には活躍の場があるでしょう。
時代の波に流されず成果を上げるために、
私の研究も役立ってくれればと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする