アリステアスの手紙

エジプトのアレクサンドリアで、
旧約聖書がヘブライ語からギリシャ語へ
翻訳されたと伝えられています。

七十人が七十日で翻訳した旧約聖書は
七十人約聖書(セプトゥンギア)と呼ばれ、
ギリシャ語に翻訳された事から、
聖書が世界に伝播される事となりました。

七十人訳聖書が記された唯一の根拠である
アリステアスの手紙には、
史実と異なる記述が残されています。

I have enacted that this day,
on which you arrived,
shall be kept as a great day
and it will be celebrated annually throughout my life time.
It happens also that it is the anniversary
of my naval victory over Antigonus.
Therefore I shall be glad to feast with you to-day.

私はあなたが到着したこの日を偉大な日として保ち、
私の生涯を通して毎年祝うことを定めた。
アンティゴノスへの私の海軍の勝利の年に起こった事でもある。
ゆえに今日は貴方とのご馳走を楽しむとしよう。

しかしプトレマイオス朝の海軍が勝利した記述は、
この手紙が記された時代には残されてはいません。

本には他の疑問点も書いておきましたが、
アレクサンドリアでユダヤ人が重用され、
社会的に高いポストにいたとされるのは
どこまでが真実なのでしょうか。

ユダヤ人によるアレクサンドリアの歴史の捏造が
ある段階で行われた可能性は十分にありそうです。

アレクサンダー大王の東征ルートは
神武天皇のそれと非常に似ているとする説は
私がどうこう言う以前から提唱されていますが、
モーゼのシナイ半島侵攻にも類似しています。

時系列で見るとアレクサンダー大王より
旧約聖書の編纂の方が古いので、
大王の生涯はユダヤ人によって
旧約聖書をモデルにして書き換えられ、
真実の歴史が隠された可能性を
見いだす事は出来ないでしょうか。

ヘレニズムとは相容れない一神教を弾圧し、
様々な国家の神々と共存したアレクサンドリアは、
一神教から最大の敵として扱われたのでしょう。

アレクサンダー大王の真実の歴史は
いかなるものであったのでしょうか。

私は大王の遠征が徐福に連なり、
古代日本にヘレニズムが持ち込まれた事を
遥かに詳しく本に書いておきました。

古事記とギリシャ神話に類似点が見られるのも、
秦の兵馬桶にギリシャ彫刻の影響が見られるのも、
アレクサンダー大王の功績が関わっているとすれば、
一応は一本の線で結ばれる事になります。

紀元前二百年の日本にヘレニズムが存在すれば、
日本の先生民族を野蛮で劣った民とするのは
全くの間違いと言う事になります。

アレクサンドリア大図書館の高度な学術研究が
古代日本に持ち込まれて洗練を遂げ、
自然と調和した高度な文明が花開いていたなら、
この文明の崩壊と世界情勢の混乱の流れには、
密接な関わりが存在する事になりそうです。

西洋一極化で偏った時代が続いて来ましたが、
古代ヤマトの在り方はこの問題への一つの解答と
なりうるものが有ると考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする