徐福と浜松企業

浜名湖周辺から優良企業が幾つも輩出されています。

スズキ株式会社、ヤマハ株式会社、株式会社河合楽器製作所、
浜松ホトニクス株式会社などの企業が飛躍した背景として、
この地域には何かあるのでしょうか。

浜名湖の西の湖西市からはトヨタが発祥しました。
日本経済を牽引する優良企業を生み出す素地として
どの様な歴史があったのでしょうか。

三河から遠州にかけて、三遠式銅鐸が出土しています。
古墳時代より前の二百年間の巨大銅鐸の時代、
近畿に匹敵する銅鐸文化圏がこの地に存在していました。
調べるとかなりの情報量となるので資料を纏めていたのですが、
知人が出版社を紹介してくれるそうで出版できるかもしれません。

この本は東三河の徐福伝承の続編にあたり、
徐福の正体について更に詳しく資料を纏めてあります。
既存の説と比較するとかなり攻めた説なので迷いましたが、
誰かが火中の栗を拾わないと研究の流れが出ず、
データを集めた上での説なので自分で書く事にしました。

とある本には「日本諸手船」と言う書に
渥美で見つかった銅鐸について対話する記述があり、
儒教の失われた経典である「楽経」を徐福が持ち込み
これを読めば銅鐸の事が分かるだろう、
と書いてあると記述されていますが、
国会図書館で調べても見つかりませんでした。

徐福は孔子の弟子の子孫とされているので
徐福が日本に儒教を持ち込んだ可能性は高く、
銅鐸の絵と儒教の関係を記しておきました。
浜松から楽器の企業が出たのも徐福と関わり、
この地から優良企業が多数輩出されたのも
世界に誇る王朝の存在に由来するとすれば、
もう一度見直す事で更なる飛躍が見込めるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする