最後の斎王

古代の伊勢には斎宮が存在し、
後醍醐天皇がこれを保護しました。

後醍醐天皇は大覚寺統の慣例に則り
当時廃れつつあった伊勢神宮を保護、
伊勢神道との関連を持った事から、
『神皇正統記』が記されています。

これが記されなければ日本の歴史が
違った展開を見せていた程の影響力を
後々に至るまで発揮し続けてきました。

伊勢では外宮の格が内宮よりも低く、
源頼朝がスポンサーになる事で、
外宮の度会氏は伊勢神宮を広め、
鎌倉幕府のイデオロギーとなります。

後醍醐天皇は鎌倉幕府と敵対し、
対立する持明院統の天皇は、
鎌倉幕府と良好な関係であったと
一般的には伝えられています。

後深草天皇を初めと持明院統の天皇は
未婚の内親王ないし女王を斎宮において
天照大神の御杖代(みつえしろ)とする
倭姫に因んだ斎王を軽視する事により
伊勢神宮は深刻な打撃を受けたそうです。

倭姫の伝承は伊勢神道の書物である
『神道五部書』に書いてあるので、
後醍醐天皇は斎王も外宮系の路線により
運営を考えていたのでしょうか。

建武の乱で建武政権が崩壊する事で、
斎王が途絶えたとされています。

後醍醐天皇と伊勢の関係は研究途上で、
不明瞭な部分が多々存在しています。

頼朝は伊勢の斎宮は重視したものの、
賀茂の斎宮のスポンサーにはならず、
鎌倉幕府と伊勢斎宮の関係が深いなら、
持明院統が軽視したのは何故でしょう。

皇室の祖神を祀る伊勢の神宮ではなく、
外宮を重視する伊勢神道を軽視するのが
持明院統の方針だったのでしょうか。

今までの文脈だと大覚寺統の方が
鎌倉幕府との関係が深いと見る事が
可能ではないかとも思われますが、
これ以外でも一般認識とは違い、
後醍醐天皇が鎌倉幕府と良好であった
様々な痕跡が見つかっています。

南北朝対立の原因とされている
持明院統と大覚寺統の抗争には、
未だに解明されていない謎が
存在しているのかも知れません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする