七夕

今日は七月七日のタナバタですが、
ロマンチック七夕の本来の意味は、
また違ったものであった様ですね。

旧暦の七月七日はお盆にお近く、
死者との境界が薄れたお盆の行事は、
ロマンスを感じるものとは別の
意味合いが存在していた様です。

お盆の由来をゾロアスター教に
求める説なども存在していますが、
この周辺は銅鐸の本に書いたので、
出版したら読んでみて下さい。

織姫と彦星のロマンスに関しては
琵琶湖の東側にその伝承が残り、
何と壬申の乱にまで関わります。

なぜ七月七日でタナバタと読むかは
かなり謎な話ではあるのですが、
アメノタナバタヒメに由来するのが
既存の説ではありますね。

個人的に田舎と書いてイナカと読むのが
昔から謎でしょうがないのですが、
詳しい方がいらっしゃれば教えて下さい。

織姫と彦星が古代ヤマトに関係する話も
銅鐸の本に書いてはおきましたが、
逐一説明するのも体力がいるので、
取り敢えずここでは省略します。

古来、機織りは月の女神に関係し、
日本では何故かアマテラスの
岩戸開きとも関係しています。

この周辺を実地で味わいたいのであれば、
参拝可能な場所が実際にありますが、
機織りは伊勢や徐福とも密接に関係しますね。

大人になり七夕を迷信で終わらせるには
余りにも勿体ない程の深層があるので、
伝承の裏に何があるのか想像してみるのも、
知的な楽しみ方の一つだと思いますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする