猪鼻王子

九十九王子の中に猪鼻王子がありますが、
南朝側の井伊氏が拠点としていた井伊谷は、
浜名湖の北に隣接する猪鼻湖の東で、
三遠エリアの中心に近くに位置しています。

猪鼻の当て字以外にも様々な漢字が使われ、
漢字導入以前に用いられていたのであれば
漢字の意味合い自体は薄くなりますが、
同じ字が用いられているのは意味深ですね。

猪鼻湖と猪鼻王子が関係していたかは
資料が皆無なので定かではありませんが、
この周辺はイの国と呼ばれていたので、
イの花の湖だと仮定をすると、
伊勢や花祭にも関係していそうです。

この周辺も掘り下げたいのですが、
まだ色々と基盤の弱い状況なので
可能性の提示のみに止めておくとして、
九十九王子には先住民族祭祀の痕跡が
幾つも見受けられるのは確かです。

切目王子は花祭と関係していますが、
九十九王子の成立が南朝樹立の
前段階にあたる時期とされるので、
やはり熊野の歴史に隠された領域が
横たわる事は間違いないでしょう。

三遠と関係する九十九王子が
複数整備されてきたのであれば、
三河南朝と関係していたとしても、
特別不思議はありませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする