雨不足

何かと早い段階から情報を流していると
即座に云々ではないのでアレなのですが、
去年の段階で水不足を記事を書いたのが、
今年は更に追い打ちをかけて酷い状況です。

このブログでは大枠の話をしているのですが、
目先の都合だけだとカーナビを見ないで
何処に向かうか考えずに運転する様なもので、
何かしらのラッキーで起こらなければ、
食料問題も危険な可能性は高いですね。

去年より状況が改善しているかと言えば、
悪化していると見る人もいるようで、
切羽詰まる前に対策を打っておく事は、
経営においても基本的な話ですね。

食糧備蓄は大切です! 2022/01

自然に問題があれば人間にも行くのは道理で、
現代の日本の食事情は自分の前に来るまでに
どのような経緯かを考慮すると問題だらけで、
何も対応しなければツケが来ないと考える方が
難しい状況であるのは確かです。

あまり早くに備蓄すると腐らせる可能性も
購入する品目によってはありますが、
玄米でも保存が悪いと虫が湧いたりで、
家庭菜園なり食べられる草を見分ける等は
手堅いところかとは思います。

詳しい人に聞くか情報交換が可能なら、
この辺りは詳しくなっておいた方が、
色々と良さそうな感じですね。

消費期限30年越え!? 日本人が今すぐ備えるべき長期食料備蓄11点 一挙公開!!(音楽無)

切羽詰まった段階でその場凌ぎを考えても
根本的な所から見直さなければ無意味で、
責任を棚上げして犠牲者振ったとしても、
助ける価値無しと判断されたらアウトです。

儒教は天神地祇(天地の神々)の祭祀を
基本として重視してはいたのですが、
自然の恵みなどを大事にせずに、
飢餓などの災害を甘く見過ぎる現代は、
異常過ぎると言っても良さそうです。

王とは天地人を繋ぐ柱を意味しており、
天か地の片方しか重視しないのは、
上半身か下半身かを選ぶようなもので、
半身浴が右半身派か左半身派か位に
ナンセンスな話ではあります。

都市開発ですら地霊との関係を重視し、
天地の神々も喜ぶ運営を考えた
古代の在り方と比較をすれば、
圧倒的に自然へのリスペクトは
足りない状況にありますね。

文献に目を通せば古代の思想が
どのような物かは分かりますが、
神や真理の代弁者ではないので、
詳細については何とも言えません。

人によって積んできた徳や負債が
同じではないのは当然なので、
都合の良い話にばかり反応せず、
誤魔化しを入れずに見直すべき所は
見直した方が良いのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする