テスモポリア祭

古代農業と女性の関係を示すのは、
ギリシャのテスモポリア祭が
良い事例として挙げられます。

ギリシャ以外にも広まった、
数日から十日間ほどかけた
盛大な祭とされているので、
多くの心を掴んだのでしょう。

これは男禁制の祭である上に
非市民や未婚の女性が参加せず、
男連中が聞いたらガクブルの
女子会トークが行われたのか、
内容は秘密とされています。

この祭はギリシャの穀物神である
デメテルとその娘ペルセポネーに
捧げられた儀式とされており、
農耕に関わる祭が盛大に行われた
古代の姿を思い起こす事が出来ます。

現代では苦役ともされる農耕は、
神々と共に豊穣を喜び会う
牧歌的な儀礼だったのでしょう。

かの徐福がヘレニズムを持ち込み、
花祭がデメテル神話と関係する事は
岩戸開きの本に書いておきましたが、
農耕祭祀も持ち込まれていたと
見るべきであると思われます。

日本人が祭好きな民族であると
認識されてはいるのですが、
断絶させられた古代の祭は
相応の数にのぼるのでしょう。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする