豊橋の政祭の地

天下の奇松として有名な飽海神戸神明社から
歩いて数分の場所に豊橋市役所があります。

豊橋市役所は豊橋公園の隣にあり、
豊橋公園には吉田城が残されています。

飽海神戸神明社は元は豊橋公園の場所にあり
戦争時に今の場所に遷したものですが、
豊橋公園は採掘調査で遺跡が発見されています。

古代からこの地の政祭に関わっていたのであれば、
朝倉川の河口のこのエリアを活用する事で、
地域運営に利があると考えられていたのでしょうか。

豊橋公園にあった遺跡が雄略天皇の初瀬朝倉宮で、
ここを中心としてヤマトタケルが東西を統治し、
邪馬台国の国家祭祀である鬼道が行われ、
後に花祭や鬼祭の鬼に繋がったのだとすると、
この地の重要性は日本全体に関わります。

奥三河で東栄フェスティバルを行うのであれば、
花祭の原点であるこの地で霜月神楽を行う方が
御神事としての効果は高いのでしょう。

豊橋公園の開発についての議論もありますが、
政府の助成金を集め箱物を作ってステータスにするのは
時代的にも評価をうけるどころか全国的な悪評となるでしょう。

スサノオの御神事である天筒花火も吉田がメッカであり、
歴史的な価値が開示されれば伊勢・出雲にひけをとらない
日本有数の聖地として多くの参拝者が集まる地となるでしょう。

聖地として価値があっても関係者が卑俗では無意味であり、
姿勢を正して責任感のある運営をしなければ
人を集めてもメッキはすぐに剥がれるので、
斎戒して心身を清める姿勢で臨む必要があります。

一地方の政祭ではなく今後の日本の誇りとなる場所として
優秀な者達が集まり動きを出していく事ができれば
オリンピックバブルの崩壊した後の建て直しにも
大きな価値が提唱できるのでしょう。

豊橋も市長選を控え地元の振興がどうなるか分かりませんが、
大勢がこの場所の重要性を認知する事ができれば、
開発するにせよいい加減なものは出しにくくなるでしょう。

豊橋も人口が減っている状態にありますが、
日本の中心地として新幹線も止まりセントレアもあるのに
地域の強みを発揮できない状況を他人事と思わず、
自分達で出来る事を考えていかなければいけません。

この情報を活用する事で地域振興に繋がると思うのであれば、
このように地の価値を広めて頂けたらと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする