菅原寺の疑問

菅原寺は行基の大和国で唯一の
活動した拠点とされており、
『清涼山歓喜光寺略縁記』には、
元明・元正・聖武天皇三代の勅願寺、
鎮護国家の寺と記されています。

しかし、この小規模とは言えない
大仏建立に関わる重要な寺院が、
国史から除外されています。

体制から弾圧されていた行基は、
大仏建立のために庇護を受け
菅原寺で活動したとすれば、
聖武天皇の時代からとなりますが、
元明天皇の頃から存在した寺院なら、
話は大分変わって来そうです。

天武天皇の孫である文武天皇の
次の代の天皇が元明天皇とされ、
壬申の乱以降の都市開発において、
最初からプランに組み込まれた
寺院の可能性が高いでしょう。

この周辺は菅原の里と呼ばれた
土師氏のエリアであったので、
そこに寺院を造ったのであれば、
彼らから土地を略奪した上で
造営された寺院なのでしょうか。

菅原寺が東大寺大仏建立に
重要な位置付けであったのに、
国史から除外された背景には、
行基に纏わる歴史の隠蔽が
横たわっているのでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする