大図書館の功績

アレクサンドリアの大図書館は、
膨大な蔵書のみでなく、
数々の高名な学者を輩出しました。

アルキメデスの名は有名ですが、
アレクサンドリア大図書館との関係は
そこまで有名ではありません。

幾何学ではユークリッドやエウクレイデス、
ホロスコープや星座図を作ったハッピコス、
天動説ではプトレマイオス、
地球の直径と全周を計測した館長のエラトステネス、
自動機械という本を書いたヘロンなど、
大図書館での研究の歴史への影響は多大です。

若き日のアレクサンダー大王が
プラトンの弟子であったアリストテレスに学び
高度な知性を保持していた事が、
これらの研究成果に結び付いたのでしょう。

新プラトン主義などの錬金術も研究され
現代とは別の学術的な研究も盛んでしたが、
女神ムーサの加護は多大なものがあったのか、
ムーサについてはプラトンの著作の中で
ソクラテスが語っている部分が幾つもあります。

ソクラテスの対話は討論で本質を追及するのに
非常に参考になる話が頻出しているので、
単に知識の量を増やすだけではなく、
哲学的な思考の本質を探求する事も、
高度が学術には必要なのかも知れません。

愛知県の名がソクラテスの愛知に由来するかは
断定できるだけの情報はありませんが、
ソクラテスの言う愛知の本質を踏まえた上での
学術展開が展開されて欲しいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする