津島と対馬

津島神社に参拝に行きましたが、
実際に行くと色々と情報が得られ、
何かと書きたい事が出てきますね。

津島神社はスサノオが韓国に渡った時、
荒御魂は出雲國に鎮まり日御崎の神となり、
和御魂はB.C.245年に對馬州に鎮まった後に
欽明天皇元年(540)にこの地に移り、
弘仁元年(810年)に正一位の神階と
日本総社の号を奉られたそうです。

今まで歴史を研究している立場から、
壬申の乱以前から存在した神社で、
乱の後に日本総社の名を受けたと
伝承される背景を探りたくなります。

津島が対馬に由来するとしても、
対馬はそこまでクローズアップされず、
何故この地に総社があるのかの根拠は
不明瞭な状態になっています。

B.C.245と言えば徐福渡来の時期に近く、
徐福の影が暗示されていそうです。

花祭の本には書いておきましたが、
対馬には謎の天童信仰が存在します。

天童と津島との関係は明示されておらず、
何かと隠されてい歴史が多そうです。

天童信仰は役小角と関係があり、
やはり壬申の乱との関係がある事は、
花祭の本に書いておきました。

津島も安曇族の痕跡が指摘されていますが、
やはり安曇族となると邪馬台国ですね。
卑弥呼の鬼道との関係が出てくるとすると、
やはり津島の神楽も花祭に通じていそうです。

鬼道と徐福の関係は東三河の徐福伝承に書きましたが、
牛頭天王にも繋がる可能性もありそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする