司馬遼太郎の広めた南朝のイメージ

南朝のイメージについての一般認識は、
歴史小説家の司馬遼太郎語った
南北朝と室町時代の言説の影響が
多分にあるのではないでしょうか。

司馬遼太郎は南北朝から室町時代を
クズの様な人間のみとの発言を繰り返し、
これが歴史の通説となり現代まで続く
通常では無い状況が継続しています。

彼は歴史研究家ではなく小説家なので、
話半分として扱うべき本を書いたのに、
全てが史実であるかの如く認識され、
経営者が大勢読むなどの現象により、
多大な影響を及ぼす事となりました。

殆どの日本人は歴史の研究を
詳しく掘り下げる機会がないので、
広げられたイメージを修正する事は
ほぼ無いのではと思われます。

南朝のイメージは何段階かに渡って
日本人の中に形成されてきていますが、
織田信長が天皇を軽視したのも、
彼が忌部氏で北朝天皇を偽物として
低く扱ったとされる程に影響があります。

江戸末期に南朝の正統性が議論され、
明治維新に多大な影響を及ぼし、
敗戦後の天皇の人間宣言によって
南朝が話題にすら上らなくなります。

大平洋戦争のイデオロギーとして
南朝が活用された経緯から、
歴史でも少ししか取り扱われず、
小説の題材とするのもタブー視され、
大幅にその流れに変更のないまま、
現在にまで至っているようです。

南朝後の室町時代から日本の文化が
現代に通じる流れになったとされ、
南朝は日本史上の重要な分岐点なので、
ここの認識は日本人の意識の形成に
無意識に大きな影響を及ぼし続けています。

この影響が益しかないものであれば
今さら取り上げる必要はありませんが、
どの様なメリット・デメリットがあり、
具体的にどんな悪害があるのでしょうか。

南朝が既存で言われているような
暗愚なトップの下でも忠誠を通し
命をかけた臣下を美化するものでなく、
全く違った王朝であったと判明すれば、
どんな影響が想像されるでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする