笠置寺と東大寺

東大寺に二月堂、三月堂、四月堂があっても、
一月堂を見つける事は出来ません。

二月堂は二月に行われる修二会(しゅにえ)、
通称「お水取り」を行う場所とされ、
三月堂では三月に法華会が行われ、
四月堂は四月に法華三昧会が行われ、
月の行事に因んだ名とされています。

笠置寺の正月堂は二月堂で行われる
お水取りが最初に行われたとされます。

天平勝宝四年(752)に正月堂が建立され、
東大寺を開山した良弁の高弟・実忠により
お水取りが最初に行われたそうです。

同年二月に東大寺で二月堂が建立され、
二月堂でも行われるようになったそうで、
笠置寺は東大寺との関係が深いようです。

実忠は良弁と東大寺造営に必要な木材を
木津川を使って運搬していたのですが、
水量が不足したので雨乞いの儀式を行うと、
滝穴から龍神が現れ雨を降らせたそうです。

雨乞いの儀式がお水取りの起源となり、
東大寺で継承される事となったそうですが、
東大寺に絡めて笠置寺が語られる事は少なく、
何かしら隠されている感があります。

東大寺の仏像と言えば行基ですが、
以前にも書いた様に先住民族祭祀に関わり
伊勢の深層にも関与していた修験者なので、
隠された領域があるのは間違いないでしょう。

後醍醐天皇が笠置寺に入る前に
一時的に東大寺にも行ったとされ、
この伝承にも裏がありそうですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする