御所稲荷

豊川には伏見稲荷大社から正式勧請したとされる
巨大な鳥居を誇る五社稲荷が鎮座していますが、
ここは古墳の上に建てられているそうです。

伏見稲荷で後醍醐天皇との絡みを連想しますが、
この稲荷は豊川稲荷よりも社格が高いとされ、
本来は御所稲荷とされていたそうです。

ここが豊川の南朝の重要な神社として
位置づけられている事は既存の研究に見え、
特別私が取り上げる必要もありませんが、
やはり車でないと来れない場所にあるのが
参拝するのに難点ではありますね。

この御所稲荷周辺についての歴史は、
後南朝について書きたいところですが、
他でも中々凄い研究がなされており、
興味のある方は検索してみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする