行基への取り締まり

空海が真言密教(純密)を持ち込む以前に
修されていた雑密と呼ばれる密教を、
行基の弟子が修行していた記録があり、
経典を読んだだけではない霊能力者として
活躍していた事が分かります。

行基は呪術を行い行基菩薩と呼ばれますが、
役小角も呪術を用い神変大菩薩と呼ばれ、
雑密は修験道に通じていそうですね。

八世紀~九世紀初め頃に僧尼の活動を制限した
尼僧令には処罰規定も優遇規定も適用されず、
法律を無視して好き勝手に刑が課され、
行基のみが違反で取り締まられたとされます。

斬刑を執行すると明文されているので、
殺害対象とするレベルの対応を為したのは、
尋常な話ではないでしょう。

役小角も伊豆に流刑にされたと伝承され、
壬申の乱で天武天皇側で戦った小角は
先住民族祭祀の呪術者として敵視され、
この流れを行基も被ったのでしょうか。

行基は個人で活動を初めて大勢が関与し、
説法や様々な工事をなしたとされますが、
実際は役小角の修験道の勢力を率い、
壬申の乱による損害に対して活動し、
それが故に都合が悪い存在として、
取り締まりがなされたのでしょう。

仏教にも系統が存在しており、
修験道は新羅とも通じる
アショーカ王の仏教に属し、
百済から持ち込まれた大乗仏教は、
一神教の影響を受けています。

当時は古事記・日本書紀を編纂して
日本の歴史書を一本化した時代で、
彼の活動は潰しておくべき対象と
認識されていたのはほぼ確実でしょう。

国分寺・国分尼寺が全国に造られ、
仏教の普及がなされていますが、
広まっていたアショーカ王の仏教を
仏教に偽装した一神教に挿げ替える
工作が行われた時代なのでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする