1000記事達成

なぜかダラダラと続けていたら
1000記事を達成しましたが、
前の米大統領選挙辺りを目処に
ブログを書き始めていました。

予約投稿が失敗した事以外は
毎日投稿を続けているので、
我ながら良くやっているとは
思う所ではありますね。

当初の予定では三ヶ月程度で
ネタが尽きるかと思いきや、
処理しきれない程の情報が、
これでもかと言う程に
出て来るのが困り物です。

ボランティアで始めたので、
これで生計を立てているなら
まだ分かる話なのですが、
時代的な意義があるので
続けていたらこの量です。

ブログ記事にはフェーズがあり、
100記事や1000記事を越えると
ブレークスルーをする事を
聞いた事がありますが、
100記事を越える辺りまでは
キツかった記憶があります。

ブログ記事程度の分量なら
楽に書ける様になりましたが、
成果と言う面においては
判断が微妙な部分が多く、
今後どう変わるのでしょう。

現代は極めて読み難い時代で、
数年先の動向を完璧に把握し
経営戦略を立てている人も、
殆どいないのが現状でしょう。

どう推移するかが明確であれば
対策を立てるのは容易ですが、
大きな変動があるのに不明瞭で、
かなりイヤらしい状態です。

かの電通が悲鳴をあげる状態は、
詳しい人ならかなりの変動が
水面下である事は容易に分かり、
既得権が必死に抵抗している
変革期なのは想定がつきます。

世界最大の広告代理店で、
株価もおかしい動きを
していた事は有名ですが、
情報操作したい放題に
変化が出て来てはいます。

最王手に動きがあるなら、
今後は末端にも波及して
言う事が変わる可能性は
高いのではと思いますが、
時期については不明瞭です。

都合の悪い情報を流さないで、
一日で言う事を180度変えた
大本営発表がありましたが、
今後も無いと言い切れません。

水面下の変動に対して
必要な情報を流す所が
余りにも少ない状況で、
どこかで見た情報を
転がす様な物ばかりが
目に入っては来ます。

これでは必要な情報が
皆無な事になってしまい、
自分なりに色々と調べて
執筆を続けているので、
評価されるとしたら、
事が起こった後ですね。

その時にそれまでのツケで
痛い目にあっている人が
数多く出ている事も
想定の範疇ではあるので、
期待ばかりは出来ません。

1000記事越えでどうなるか
楽しみな部分はありますが、
丁度色々とあったので、
時期を見て詳細を書く
可能性はありそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする