知を愛する

三河の存在する愛知県は知を愛すると書きます。
フィロソフィーはギリシャ語で知を愛するフィロソフィアに由来し、
フィロソフィーは西周(にしあまね)氏により哲学と訳されました。

西周氏は、江戸時代後期から明治時代初期に活躍した
日本の哲学者・教育家・啓蒙思想家・幕臣・官僚で、
明治初期に「哲學」(希哲の学)という訳語を作ったと
複数の文献で説明されています。

北宋の儒学者・周敦頤の記した『通書』志學第十にある
「士希賢」から「希哲学」の語が生まれ、
中国西学がPhilosophyの訳語として活用したものを、
希を省略して哲学と呼んだのが始まりのようです。

哲学は知を愛するという意味のみで、
具体的な内容には言及していないので、
本来は現在使われている意味ではなかった様です。

西周は西洋の心理学と東洋の儒教・仏教を統一した
新しい心理学の体系を書き続けるも、
『生性発蘊』は未完に終わったそうです。
これが出版されていれば哲学のイメージは
大幅に変わっていたのかも知れません。

抽象的な学門を形而上学と呼ぶのは易経の形而上伝に由来し、
易経は形而下伝も含め抽象・具象の両面を扱っています。

若かりし頃のアレクサンダー大王はプラトンの門下生である
アリストテレスを家庭教師につけ幅広い学びをし、
アレクサンダー大王がアレクサンドリアで最も重視したのは
大図書館の建設だったようです。

徐福とアレクサンダー大王に繋がりがあったとすれば、
愛知の名もアレクサンドリアの高度な知的活動に
通じたものがあるのでしょうか。

ギリシアのデルフォイ神殿に掲げられた「汝自身を知れ」は
ソクラテスが行動の指針にしたものとされますが、
古代日本の知的水準は想像以上に高度なもので
あったのかも知れません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする