日宋関係

中国では唐の後に宗が興っていますが、
日本と宋では正式な外交貿易がなされず、
一般人の渡航が禁止されたとされますが、
宋の商人が博多や薩摩坊津、越前敦賀などに
来航して私貿易が行われていたとされます。

『宋史』には次のように記されています。

天聖四年十二月明州言
日本國大宰府遣人貢方物而
不持本國表詔之其後亦未通
朝貢南賈時有傳其物貨至中國者

(宋史・卷四九一・外國伝・日本國)

大宰府から貢物が送られても
本国の詔を持参しておらず、
その後に来なくなったとされ、
外交的に薄い感じの記録です。

日本は宗のみでなくアジア諸国とも
関係が希薄な時代とされてはいます。

日宋貿易で平清盛が巨万の富を得て
1167年に太政大臣となっていますが、
女真国が宗と共に契丹に侵略し、
1125年に滅ぼされたとされるので、
契丹が無くなった後の話ですね。

日宋貿易は唐に逃げ延びた
ササン朝ペルシャ人の影響が
非常に強く見られますが、
数少ない契丹の歴史書の一つは
北宋の文献とされているので、
重要な内容の隠蔽がありそうです。

宗は契丹とかろうじて関係を保ち、
中国の帝国がアジアをリードした
日本に根付いている歴史観とは
違った勢力地図であったようで、
宗<契丹であった時代背景下で、
志多羅神上洛事件が起きています。

石清水八幡宮に謎の神の御輿を担ぎ、
大勢で踊りながら参詣に行ったのは、
契丹成立によるアジア情勢の変革と
無関係であったとは言えないでしょう。

道真公が遣唐使を廃止したとされ、
大宰府に左遷されたとする伝承には、
志多羅神から「ええじゃないか」まで
連なる一連の核心があるのでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする