唐蕃会盟碑

821年にウイグルの崇徳可汗が
唐の公主を娶ったとされ、
チベットも長安へ使者を派遣し
唐と和解交渉を行います。

同時にウイグルとチベット間も
交渉が行われて国境線を規定、
唐の使者もチベットのラサへ赴き、
国境の日月山と両国の首都に
盟約内容を刻んだ石碑を立てたと
伝えられています。

これは「唐蕃会盟碑」と呼ばれ、
漢文とチベット文で同一の内容の
碑文が刻まれています。

唐の皇帝をギャの大王と呼び、
君主であるフワンテイとされ、
吐蕃の聖神賛普はチベットの大王、
化身せる神ツェンポとされて
対等な扱いがなされた事が刻まれ、
大唐・大蕃、蕃漢二国と並称されます。

唐帝を舅、蕃帝を甥としますが、
上下関係とはなっておらず、
平和的な物であったようです。

なぜここで和平が結ばれたのに、
会昌の廃仏の前段階で敵対行動が
なされたと伝えられるのでしょう。

この和平はチベットのみならず、
ウイグルとも関係する可能性が
示唆されてはいるのですが、
ここから会昌の廃仏に至る流れに
問題が生じる事になって来ますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする