ダルマ王と仏教

ダルマ王は後代に編纂された
仏教年代記で仏教を弾圧した
王として記されていますが、
この類いの記述への疑問は
以前からなされています。

中国側の史書には飲酒と狩猟を好む
残忍な君主と記されてはいるものの、
仏教への理解が深い人物とする
物証も残されてはいるようです。

13世紀末にプトゥンが作成した
仏教書の目録の中には、
ダルマ王が中観を語った著作を
確認する事が出きるようです。

敦煌文献にはダルマ王の
長寿を願う祈祷文が収められ、
仏教国であった吐蕃の王が、
なぜ仏教弾圧をしたのでしょう。

現代日本の仏教を見るだけでも
一括りに出来ない状況にあり、
宗教の皮を被り裏で不正を行う
犯罪者集団を取り締まるなら、
弾圧と呼ぶには不当です。

オウム真理教を取り締まろうと
動こうとした政治家がいたら
暗殺のリスクが高いのと同様、
取り締まりも命懸けでしょう。

ダルマ王が弾圧したのが
仏教の皮を被った邪教なら、
ダルマ王の暗殺の裏にも、
危険な臭いが漂います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする