円仁と宦官

円仁は長安で宦官であった
仇士良の管轄下に属したと
伝えられているようです。

彼の長安での日記の記述は
宗教的な要素が目について、
他の日記のような具体的な
周囲の記述が欠落していき、
何らかの背景を感じさせます。

仇士良は神策軍を率いる
キーパーソンですが、
横暴を行う宦官の保護で
仏教を学んだとすれば、
様々な問題が浮上します。

しかも円仁は不法滞在で
仏教を学んでいたとされ、
非合法な滞在の手伝いを
宦官が行っていたのなら、
大きな問題となりますね。

円仁の日記に記された
廃仏の詳細な記述には、
政治的背景を考慮に
入れる必要性が出ます。

この周辺で日記の傾向が
変わっているとするのなら、
会昌の廃仏の詳細な記述が
残されている日記として
価値があるとされる状況に
見直しが必要となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする