ギリシャと飛鳥時代の仏教

日本の飛鳥時代は聖徳太子により
仏教が信仰されていたと言います。

聖徳太子の存在は随書倭国伝に記された
「日出る処の天子、書を日没する処の天子に致す。」
と言う文章が根拠となっていますが、
この書と日本国内の文献の内容には
幾つもの矛盾が存在しています。

この書にはアマタリシヒコと呼ばれる
男王のシャーマンの存在が記されますが、
聖徳太子は女帝・推古天皇の摂政とされます。

他にも問題点があり深いところまで関わるので、
三遠式銅鐸の本に纏めておいたのですが、
ギリシャの研究を進めていく事で、
飛鳥時代の仏教にギリシャの影響がある
可能性が見えてきました。

飛鳥時代の仏教とはいかなるものか、
余りにも情報が少なく実情が分かっていません。
しかし、空海が唐から純密(じゅんみつ)を持ち込む前、
日本には雑密(ぞうみつ)と呼ばれる密教があり、
平安仏教とは違う形の仏教が存在していました。

密教自体は仏教でも釈迦の教えとは異なっていて、
国家鎮護の修法などは原始仏教にはありません。
雑密がどのようなもので、どこから入ってきたのでしょう。

これらの研究で飛鳥時代の日本のイメージが
全く違ったものになるでしょう。
源頼朝や徳川家康もかなりのところまで踏まえ、
三遠に関わりを守っていたようです。

飛鳥時代の国家中枢である三遠の姿と
その運営思想がどのようなものであったのかは、
現代日本が見直す価値のあるものだと感じます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする