足神と長髄彦

鬼が脛を跳ね上げるのを長髄彦と絡めたコメントがあったので
個人的な説を書いておこうと思います。

色々と課題があってまだ出版していないのですが、
三遠式銅鐸の本に脛について書いてあります。

この国には足神が何か所も祀られていて、
足なので格の低い神とも捉えられかねませんが、
これが長髄彦と関係しているとする根拠を
詳しく書いておきました。

長髄彦には諸説あるのですが、
私の仮説ではやはり三遠と関係しています。

神から聞いた話でもなければ
秘密に伝承されてきた話でもないので
一応の根拠とデータは揃えて提示していますが、
一つの説なので絶対正しいと言うつもりもなく、
何でも無理やり三遠と関係付けようと
している訳でもありません。

三遠には調べればかなりの歴史が出てきますが、
他の地域でも埋もれた歴史で凄いものは数多くあるので、
自分の住んでいる地域に誇りと感謝が持てるよう、
この研究を契機に研究をする人が出てくる事を期待します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする