神のカラス

日本神話には神武天皇を導いたヤタガラスが登場し、
金山彦を祀る南宮大社にもヤタガラス伝承があります。

神の使いとされるカラスは日本神話以外にも登場します。

古代ケルト人で特に有名な軍事的な事件に
B.C.387年のローマ攻略とB.C.279年のデルポイ攻撃があり、
この二大遠征でケルト人を指揮した総大将の名は
二人ともブレンノスとされており、
アイルランド語、ウェールス語、ブルターニュ語等の
ブラーン(烏)の古代ケルト語です。

B.C.387年にローマ攻略があったとすれば、
アレクサンダー大王が生まれる前ですね。
大王も砂漠で烏に導かれています。

『マビノギオン』のウェールズの伝説で
ブリテンから大軍を率いて海を渡り
アイルランドに侵攻した人物の名もブラーンで、
ケルトの伝説で外国に遠征する軍隊の指揮者は、
烏の名を冠していたようです。

ブリテンに侵略したデーン人たちは、
烏を描いた旗を先頭に押し立てて戦った記録が残され、
戦場において後に従う軍勢に勝利を、
旗手には死をもたらすとされていたそうです。

ゲルマン人もカラスが民族の移動を先導し
軍隊の先頭に立ち勝利に導く霊鳥と信じられ、
アイスランドの植民の歴史書『ランドナーマボーク』は、
移民に先立ち最初にこの島を探査したフローキが
三羽の烏に導かれたと記しています。

ゲルマン神話の最高神オーディンは、
「烏の神(フラフナグス)」と呼ばれています。

神武天皇を導いたヤタガラスの伝承も、
既存で考えられている以上に、
より深く広大な古代の謎にまで
通じている可能性がありそうですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする