浜松と田村麻呂

かなりマイナーな伝承ですが、
浜松には坂上田村麻呂の伝承があります。

蝦夷討伐を成功させたとされるこの将軍は、
浜北の古墳群の中で最も高いところに建てられた
田村将軍を祀る神社の御祭神となっています。

浜松一帯を蝦夷征伐を成し遂げた存在を祀る事で、
蝦夷の王朝に睨みを利かせたかったのでしょうか。

東北に蝦夷征伐に行く途上のルートとしては、
浜松を通る可能性は低いとされていますが、
潮満・潮干の珠を使った伝承をはじめとして
中々に人離れした話が幾つか残されており、
興味深いところではあります。

神武東征時に最大の敵とされた蝦夷の頭領である
長髄彦の拠点が三遠に存在した研究については
既に三遠式銅鐸の本に書き終わっていますが、
これらの伝承もその補足としても良さそうです。

神武天皇が長髄彦と戦った時にヤタガラスが降臨し、
まあ色々とあったとされていますが、
一応、この周辺の神話と銅鐸との関係も
本に書き終わってはいます。

本を執筆していると脳疲労が激しいので
夜に目が開けられなくなったりしますが、
ブログに詳しく書くのも億劫になりますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 高橋けい子 より:

    滅ぼされたものの中に 真実がありますけど
    みなさんロマンチックな活劇が好きです
    ねぶた ねぷた と言われるものが本当は何なのか?
    興味深いです

    • Katsuyoshi より:

      けい子さん始めまして。
      ねぷたは色々と聞いた事がありますが、日本古来と思ったものが外来系も多いですね。
      古代日本は思われているよりグローバルだったのでしょう。