三遠の原人

豊橋と三ヶ日の境にある山脈からは、
牛川原人が発掘されています。

発掘された骨には諸説あり、
人骨であったのかは確定していませんが、
浜北からも浜北原人が発掘されており、
三遠が遥か昔から人が存在した
地域であった事が伺われます。

縄文時代はかなりの長期間にわたりますが、
浜松地域が縄文時代に海中に沈んでいたと
既存の学説では語られています。

その時代から浜松に文明があった証拠を
掴んでいるにはいるのですが、
ブログに書くのは限界があります。

メルマガ読者と参拝に行く時などは
色々と話したりしていますが、
情報は情に報いると書くので
無料で得ようとするものでなく、
情報収集の基本は人間関係ですね。

浜北原人は一時新聞に載りましたが、
その後は話題にも上がらず、
地域の住人としては寂しい限りです。

この地域の歴史が考えられているより
古い歴史を持っているとすれば、
地域振興も違った形で行われるでしょう。

シュメールやエジプト等と比べて
未開のイメージのある日本ですが、
魏志倭人伝にも百余りの国があり、
三十近く国交があったと記されています。

海外との交流が存在していたならば、
優れた文明を保持する国があっても
全く不思議ではないですが、
原人が存在したとしていたとすれば、
思われているより長い歴史がありそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする