姫島の乙女

柿本人麻呂の歌に姫島が登場し、
姫島で投身自殺した乙女の名が
千代に伝わるという歌が、
小松にかけて詠まれています。

妹が名は 千代に流れむ 姫島の 
子松が末に 苔むすまでに

難波潟 潮干なありそね 沈みにし
妹が姿を 見まく苦しも

この姫島はどこを指しているのでしょう。

定説では姫島は難波潟にあった島の一つとされ、
姫島神社に祀られる阿迦留姫(アカルヒメ)命は
天之日矛(アメノヒボコ)の妻であると記さ、
夫から逃れ新羅から九州を経て姫島に来たとされます。

天之日矛は妻を追って日本まで来たものの、
渡しの神(住吉神)に遮られ但馬に留まったとされ、
大阪府東成区の比売許曾(ヒメコソ)神社にも
阿迦留姫命の伝承が残されています。

私は天之日矛についてある仮説を立てており、
イザナギ神話と関係があると考えていますが、
古事記では妻イザナミを妹と呼んでいますね。

この歌だけでは妹が誰かが明確にならないので
様々な仮説が立てられると思いますが、
人麻呂が日本神話に精通していた事は確かです。

天之日矛についての研究は別に書くとして、
そもそもこの歌は妹が沈んだとしているだけで、
投身自殺とは明示されていないですね。

姫島の乙女がアカルヒメであるとして、
アカルヒメが沈んだ伝承はありませんが、
イザナミは黄泉の国に降りています。

人麻呂は和歌で神話を歌っていますが、
古事記とは別の神話を知っていたのは、
侵略される以前の古代王朝との絡みでしょう。

捏造された歴史に異を唱えると
酷い目にあわされる危険な状況下で
言挙げせずとして黙してきた中、
人麻呂は後世に向けて歌に暗号を残した
可能性があるのではと考えています。

他にもやる事がえぐい程あるので、
ボチボチとアップしていく事にします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする