志多羅神上洛事件

豊橋初の「ええじゃないか」に類似したものに、
志多羅(したら)神上洛事件が存在しています。

柳田国男、柴田実、戸田芳美などの研究者が
既に扱っている事件ではありますが、
この周辺も掘り下げると色々ありますね。

平安時代末期の歴史書『本朝世紀』には、
天慶八年(945)七月二十八日の
摂津(大阪府)国の守・藤原文範の報告によると、
京都では東西の国から神々が入京する噂が広まり、
その神々は志多羅神とも、小蘭笠神とも、
八面神とも称されていたと記されています。

管下の豊島郡の七月二十六日付の国衙への報告は、
志多良の名の神與三前が二十五日の辰刻(7~9時)、
隣りの河辺郡から数百人に担がれ豊島郡に至り、
人々は鼓を打ちならして歌い舞いながら、
列を連ねてて豊島郡に来着したそうです。

道俗男女、貴賤老少といったあらゆる人々を含み、
朝から翌朝まで山をも動かす騒ぎであったそうです。

與の一前には鳥居があり文江自在大神とよばれ、
他の二前には鳥居は無かったようで、
二十八日の巳刻(9~11時)の報告によれば、
別の神輿三前が同様に歌舞とともに
河辺郡の児屋寺に担いで送られたとされます。

数日後に山城(京都府)の石清水八幡宮から
さきの六前の神輿が石清水に移った報告があり、
石清水八幡宮護国寺三綱等の八月三日付の
報告の表題は以下のようなものでした。

今月一日、辰刻を以て、
宇佐大菩薩と号し移座せる神社六所の状
一所は宇佐宮八幡大菩薩の御社と号す
五所の社の輿は其の名を注せず。

当日は八月十五日の放生会の行事を定める日で、
宮司や神人たちが集まり相談していたところ、
突如として神輿が山埼郷から移ってこられ、
神輿は幣帛を捧げ乱舞する群集により取り囲まれ、
その数は数千万人に及びました。

急な出来事に驚き八幡宮の代表者の三綱が来て、
群集の中心である山埼郷の刀禰たちに事情を尋ねると、
七月二十九日の酉刻(17~19時)ごろに、
にわかに摂津国の嶋上郡より数千万人の人々に守られ
山椅郷に神輿が移動して来たので恐れあやしんでいると、
亥刻(21~23時)に神がある女達に憑いて
我々は早く石清水宮に参りたいと託宣したと言い、
郷々の上下貴賤あらゆる人が自然と集まり、
石清水まで移ってきたという事でした。

この出来事は八幡宮創設以来のことであり、
様相を記録し申し上げる次第です、とされています。

群衆が歌った童謡(うたわざ)には
「しだら打てと神は宣ふ」とあり、
したらは手拍子の事と考えられている様です。

報告には文江自在天神の名のみ記され、
他の五前の神輿の神々の名は見当たりません。

文江自在天神については天神で菅原道真ですが、
菅原道真の霊が天慶五年(942)七月十二日に
多治比文子(奇子)に懸かり神名を託宣した事から
天神を名乗るようになったとされているので、
文江と文子が関係しているとも言われています、

人なのに天神とされ牛が祭られる天神信仰は、
牛の角で鬼道との関わりがあるのでしょうか。

『縁起式』には志多羅神の名は記されず、
公的に認知された神ではないようです。

ここに出てくる志多羅は奥三河に存在する地名であり、
卑弥呼の用いた鬼道である花祭とも関係しています。

志多羅と設楽町との関係について調べてみると
設楽氏が移住してきた事に由来するようですが、
設楽氏は奥三河発祥と伝えられており、
邪馬台国祭祀と志多羅神には関係がありそうです。

ここに登場する八面神も謎の神ですが、
天下の奇祭・鬼祭で有名な飽海神戸神明社では
八角の儀調場で鬼と天狗の掛け合いが行われ、
安曇野の魏志鬼八面大王も鬼と八面が関係します。

飽海も安曇野も安曇族から来た名であり、
北九州に拠を構えたとされる安曇族の痕跡には、
神である鬼が深く関わっています。

とすれば志多羅神上洛事件は先住民族祭祀と関わり、
「ええじゃないか」もその流れに関わっている
可能性があるのかも知れません。

「ええじゃないか」発祥とされる神社も豊橋にあり、
時代の節目に古代ヤマトが顔を見せたのであれば、
現代にも通じるものを感じさせないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする