海外から見たええじゃないか

「ええじゃないか」は海外からも研究され、
カナダの歴史家H・E・ノーマンが1945年に記した
『日本政治の封建的背景』の第一章「末期封建社会」に
「ええじゃないか」という節が設けられています。

後にこの節は若干の補訂が加えられ、
『クリオの顔』(岩波新書)に収められた
「『ええじやないか』考ー封建日本とヨーロッパの舞踏病」
として一般的に認知が広まったそうです。

「ええじゃないか」のような突発的で伝染的な熱狂を
古代ローマの農神祭、ブラジルでのメシア運動、
中世ヨーロッパの舞踏病と比較しつつ、
盲目的な大衆汪乱が幕府を倒したのは偶然であり、
いかなる政治勢力が指導したかで方向づけられるとしました。

明治維新周辺の歴史解釈は非常に難しく、
海外からは倒幕に利用されたと解釈された祭を
地域振興で使う豊橋市も中々のものです。

当時の日本人がそこまで無知蒙昧であったかは
断定しにくいところではありますが、
発祥地ですら認知度が低いものが
海外で研究されていたのは驚きますね。

ロシアでオウム真理教が活動しているからと言って
日本人が狂信的と言われたら否定するでしょうが、
あまり宜しくない日本人像がベースにあるのか、
江戸時代も低く見られている感じがします。

徐福王朝からの流れで解釈しなおせば、
新たな視点が得られるのではないかと思います。
私の研究に触発されて新しい流れが出れば、
現代の卑屈な日本人像を新たにする事も
可能ではないかと考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする