熊野の軍事

熊野は山に籠って修行するだけの
俗世間と隔離されたイメージを
ざっくりと持っていたのですが、
調べてみるとかなり違いました。

熊野にも僧兵がいて熊野水軍を運営し、
壇之浦の戦では源氏方に味方しています。
となると鎌倉幕府との繋がりがあり、
伊勢神道のように幕府が熊野復興に
力添えをした可能性が高いですね。

熊野水軍は船で京都に押し掛け
威嚇した事もあったとされるので、
上皇の熊野参詣も純粋な信仰とは
言い切れない要素が見え隠れします。

熊野詣での大きな分岐点を作った
白河上皇の熊野への関与を見ると、
熊野別当を無視する事は出来ません。

熊野別当は熊野三山の組織の長で、
熊野三山の政治経済軍事を掌握し、
別当は僧や山伏をいつでも兵力として
運営出来るポジションだった様です。

白河上皇が京都で熊野別当を
管理するために熊野検校を作り、
三井寺の僧・増与を任命する事で、
熊野が朝廷のと繋がりを持って、
財政基盤も得たとされますが、
そんなに軽い話ではなさそうです。

上皇の熊野参詣は信仰のみならず
軍事的な要素も視野に入っており、
視野を広げなければその意図を
把握するのは難しそうですね。

軍事的な側面を取り上げましたが、
信仰的な側面においても変革があり、
後南朝終焉の地ともされる熊野の
室町以前の歴代には謎がありそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする