南朝と斎宮

後醍醐天皇は鎌倉幕府を倒すと、
伊勢の斎王に自らの皇女である
祥子(さちこ)内親王を当たらせ、
建武政権が崩壊した後に、
斎宮は終焉を迎えたとされます。

『日本書紀』崇神天皇紀によれば、
崇神天皇が皇女・豊鍬入姫命に命じ
宮中に祭られていた天照大神を
大和国の笠縫邑に祭らせたとあり、
斎王(斎宮)の始まりとされています。

次の垂仁天皇の時代になると、
豊鍬入姫の姪の皇女・倭姫命が
各地を巡って伊勢国に辿りつき、
そこに天照大神を祭ります。

『日本書紀』垂仁天皇紀にある

斎宮を五十鈴の川上に興(た)つ。
是を磯宮(いそのみや)と謂ふ。

とされるのが斎王の忌み籠る宮、
後の斎宮御所の原型とされ、
伊勢の神宮が出来た頃から、
斎宮が存在したとされる様です。

不思議な事に静岡県西部にある
三ヶ日町の初生衣神社には、
斎宮が祀られています。

この地は南朝の重要拠点とされた
井伊谷と豊橋の中間点にあり、
奥山半僧坊から西に山を下ると、
この周辺のエリアに出ます。

奥三河の花祭の謎のうたぐらに

伊勢の国 高天原がここなれば
集まりへ 四方の神々

と歌われている事を考えると、
三重に伊勢が移る前の伊勢の国が
三遠に存在していた事を踏まえ、
この地に後醍醐天皇が斎宮を
復興させていたのでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする