三遠の古代の歌

漢字の語源の研究で有名な白川静氏によれば、
原始の歌謡は呪歌であったとしています。

「口」は神への祈りを示す祝詞を納める祝告の器、
「可」はこれを木の枝で殴ったものであり、
神の許可を求める叫び声が「呵」であり、
それが「訶」となり「歌」となり、
歌は「謌」に従い抑揚とリズムのある「歌」となる。
ことばは歌として形成された時、
呪能をもって自ら活動する存在となる。

彼の甲骨文字解釈は呪術に関連づけて解釈され、
その前提に疑問が出る事もあります。
「口」を祝詞を入れる器と解釈する根拠もなく、
聖なる器の遺物は発見されてはいなともされますが、
感性に訴える不思議な魅力のある説となっています。

古代中国では礼儀と音楽を陰陽の関係とし、
礼楽(れいがく)と呼び重要なものとしていました。

体を動かす礼と無形の楽の組み合わせは、
祭の舞にも通じるものがあります。
花祭では「うたぐら」が歌われますが、

「伊勢の国 高天原がここなれば 集まりたまえ 四方の神々」

と歌う謎のうたぐらも存在しています。

伊勢の神宮では雅楽が行われますが、
雅楽は詩経の雅からきているもので、
花祭で榊鬼と問答するのは伊勢外宮の神官の
度会氏とされています。

伊勢の深奥に関わる古代の音楽が
この三遠の地で行われていたのであれば、
音楽の街として世界に通用する都市となったのは、
歴史の必然であったのかも知れません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする