美容と農耕

現代の美容に対する考えは、
表面を塗りたくる類いの物が
結構見受けられる気がします。

美しさの定義は人それぞれですが、
男は三十歳を越えたら自分の顔に
責任を持てと言われているように、
生き様が表情に出てきますね。

これは女性も同じ事ですが、
男性には分からない悩みも
色々とあるのでしょう。

肌の悩みを気にする方も
いると言う話なのですが、
善玉菌が関わりますね。

昔は川で泳いだだけなのに
肌がツルツルになったと言う
話を聞いた事がありますが、
これも微生物が重要な働きを
している感じは受けます。

微生物と言えば米ぬかですが、
ぬか床を弄って肌がツルツルに
なったりする事があるので、
微生物の美容効果については、
もっと研究されるべきでしょう。

土と膓は似ていると言われますが、
腸内細菌の状態が健康と美容に
大きな影響を及ぼす事は常識で、
良い土を作る事で良い菌を取り込む
美容法が構築出来たら面白そうです。

その内どんな化粧品を使うかより、
どんな土を作っているかの方が
話題になってくれば面白いですが、
病的で薬品まみれの食べ物よりも
生命力のある野菜を食べていた方が
キレイになるのは間違いありません。

豊芦原の瑞穂の国と言いますが、
瑞々しい稲穂から連想される様な
瑞々しい肌が得られるのであれば、
女性の方からこぞって農耕を
始める事になって来そうです。

微生物の働きだけでない気も
する節はあるのですが、
土を弄ると良い汗をかくので、
フィットネスとしての効果も
多少は期待出来そうです。

五行で言えばリンパも土も
同じ土の元素ではあるので、
本格的に研究をしてみたら、
一冊くらいは書けそうです。

若干傍系ではあるのですが、
これで一儲け出来るのであれば
研究費などに潤沢に回せるので、
色々と展開が出来ますね。

ただ直近の宿題が大変なので
そこまで余裕はなさそうですが、
誰かがパクるかも知れません。

まあ普通に思いつきそうな話で
オリジナルの主張をされても
裏が取れない話も多そうですが、
最底でも出典は明示されないと、
本筋に繋がらない形で利用され
終わりにされかねません。

そう言う事をしている時点で
美容以前に中身が腐っているので
説得力は無さそうですけれどね。

エステに行ったら先生が微妙で
効果に疑問が持たれる類いの
ネタの提供になりそうですが、
隠していたエロ本を隅々まで
オカンにチェックされるクラスの
やるせない気分になりそうです。

男の美学は最近殆ど聞きませんが
宝塚も内面の美が語られており、
やはり生き様の美しさこそが、
美の基本ではありそうですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする