平将門の深層

郷土史とは関係ないので書かなかったのですが、
私は「平将門の深層」と言う本も出しています。

この本は斬られた首が飛んでいくと言う
突っ込み所の多い伝承に誰も疑問を持たないので
自分なりに調べてた成果を纏めました。

実際は謀反を企てたのではなく、
武蔵野の民を守るために戦った英雄が
汚名を着せられた可能性が見え隠れし、
古代の武蔵野に優れた文明が存在したので、
征服したはずの武蔵野が甦る悪夢を
将門公に被せたという仮説を提唱しています。

北関東とヒッタイトの関係を この本に記しているのですが、 本来はもっと研究したかったのが、 資料が不足し概略で纏めています。 ヒッタイト以外の国との関係も書きましたが、 北関東のアイデンティティーの見直しに 一役買えればと思っています。

オックスフォードのセイヌ教授が
日本にヒッタイトが渡来してきたとする
研究を提示したと言う話は目にするのですが、
ネットで調べても論文が見つからず、
翻訳しようとしても出来ませんでした。
詳細をご存知の方がいらっしゃれば
教えて頂けると助かります。

武蔵野と三遠の関係性も存在はするので、
郷土史を活用した地域振興には
まだ微妙なところがありますが、
この周辺も書いていこうと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする