徐福本執筆の背景

「東三河の徐福伝承」と言う本を書いたのですが、
この本は書く予定が無く別の内容の企画を練っていました。

この地域は調べるほど歴史が出てくるので、
徐福にこだわる必要は無かったのですが、
依頼されて調査する事にしました。

東三河の徐福伝承

全般的に政教分離で行政が神社に金を出さなくなり、
建て替え費用をどう賄うかで苦労している神社が多く、
重要な祭の継承も厳しい場所が多いので、
本を書き始める前に神社に参拝に行き関係者に話をすると、
本を書いてもらえると助かると言うところが多いです。

田原に行った時に姫島を見ると、
島の左右に岸から堤防が延ばされているのが見え、
埋め立てられないか危惧があり、
行政や市議会議員等に話を持っていくために
徐福の研究が役立つと踏み執筆を決意しました。

秦の始皇帝を欺き東海の三神山に住まう仙人から
不老不死の薬を持ってくると言い、
渡海先で王となり戻って来なかった徐福の渡来伝承は
日本の各地にあって地域振興に使われているので、
徐福は文化財を破壊するより地域振興や観光に活用して
文化財保護に繋げられるのではないかと
纏めた上げた本が「東三河の徐福伝承」です。

姫島には石室が確認されており、
伊勢神宮を今の場所に遷した倭姫の墓とも、
倭姫が船で遭難して辿り着いた島だとも伝承されています。

現在、倭姫の墓とされる場所は、
宮内庁が文献から規定した場所のようで、
調査の結果ここだと決まった場所ではないようです。

倭姫の墓の可能性があれば破壊してからでは遅いので
大勢に価値を知ってもらうために研究しましたが、
実地では表に出せないようなトラブルも多く、
徐福の墓なども本に載せずに削除しました。
問題が解決すれば書くかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする