徐福の正体とは

「東三河の徐福伝承」には部分的に書いておいたのですが、
徐福が実際に存在していたと仮定して何者だったのでしょうか。

秦の始皇帝に仙人から不老不死の薬をもらってくると約束したのに
手ぶらで帰国したのに更に膨大な要求をし、
それでも殺されずに海を渡って帰って来なかったのに
討伐指令が出されていないだけでも疑問ですが、
これ以外にも多くの疑問があります。

徐福はインドから薬師如来像を持って帰ったとされていますが、
徐福は中国の東海岸の国の生まれとされていて、
更に当時の中国ではインドは認知されていなかったようです。
中国の薬師仏信仰はあってもインドでの痕跡は見当たらず、
釈迦は仏像を作るのを認めていませんでした。
徐福より前に仏像が作られ始めたとすると、
アレクサンダー大王が東西をまたにかけたヘレニズム文化を作った事で
ギリシャ彫刻風の仏像が作られるようになったとされていますが、
大王はインダス河を渡れずバビロンで死亡したとされています。

徐福伝承自体が捏造ではないと仮定した時に、
徐福にまつわる様々な疑問に全て整合性のでる仮説を
「東三河の徐福伝承」に書いておきました。

三遠式銅鐸の本にも追加で説を入れておいたのですが、
この本は書き上げたものの出版はまだ未定です。

徐福の正体が彼であったとすれば、
日本の弥生時代のイメージは大幅に変更されるでしょう。
紀元前200年頃の日本はどんな国だったのでしょうか。
アメリカ追随が終わりを向かえそうな状況ですが、
日本のアイデンティティーの見直しに
徐福は大きな影響を及ぼすでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 渡會玲子 より:

    とても興味深く3つの記事を拝読しました。父の本家が渥美半島堀切です。
    父は三年前に亡くなり途絶えましたが、世襲名で渡會六郎左衛門と言いました。
    伊勢外宮の地は度会郡『度会宮』あり、神官は氵のない度会(ワタライ)、敗れた?人たちが湾を渡ったので渡會になったとか、海賊だった?とか。
    渡會家は農地改革まで庄屋で、農業というより海産物を商ってたようです。
    今は跡を継いだ従兄弟が『電照菊』で地域産業を盛り立ています。
    ご本の出版社名を教えてください。

    • Katsuyoshi より:

      返答有り難うございます。
      渡会氏については奥三河の花祭を研究した本で書いていますが、
      東三河との関係が非常に深かったようです。
      三遠には鬼が登場する祭が幾つもあり、
      悪者でない鬼が多いのが特徴的な地域です。

      今まで書いた本は神社関係、行政、学校などに寄贈しているので
      自費出版で出していますがAMAZONでも購入できます。
      三遠式銅鐸の本は分量があるので出版社と交渉中ですが、
      徐福の本を購入したければこちらからどうぞ。

      https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07TQYSH3C?pf_rd_r=29RSZQ2TTMXZA0AGGWRP&pf_rd_p=3d322af3-60ce-4778-b834-9b7ade73f617