祭と地域文化圏保護

鬼が神として登場する奥三河の花祭は、
数年先にはどれだけ残るか分からない状況のようです。
山奥のローカルな村の神事として保護しようとしても
中々厳しいのではないでしょうか。
実際に花祭に行って見てきていますが、
一車線の山道で駐車場の狭い場所もあり、
一時的に観光で大勢来ても大した金も落ちず
過疎化による舞手の減少にも対応出来ないでしょう。

修験者が伝えた祭とも言われていますが、
他の地域で修験が伝えた鬼の祭を見る事はできず、
郷土史を読みあさり実地でも調べた結果、
豊橋公園に存在した遺跡で鬼の祭祀をしていた民が
戦争により奥三河に隠れて継承してきたのが
花祭である可能性が浮かび上がって来ました。

豊橋三大祭の深層花祭:太古の鬼神の謎に書きましたが、
三遠の鬼の祭が卑弥呼の用いた鬼道であれば、
少なくとも1800年以上継続している
世界的に見ても最古の部類に属する祭となります。

鳳来寺山でも鬼の登場する祭があったようですが、
現在は残ってはいません。
遠州のひよんどりにも鬼がでますが、
これも継承が厳しい状態にあり、
官民一体で保護に取り組んでいるようです。

政教分離で神社の建て替えの費用の捻出も厳しく、
地元の歴史や文化などに感心が薄ければ
日本文化の廃絶の危機にあるのは
共通の課題として横たわっているので、
三遠の地は個別で継承の努力をするより
邪馬台国祭祀の残る地域として
地域全体で総合的に盛り上げていく方が
遥かに効果的ではないかと考え
研究の流れ出を出せるよう執筆活動をしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする