竜神の守護する地

子供の頃に日本丸が豊橋港に来た事があり、
見学に連れていってもらった覚えがあります。

豊橋を中心とした三河港は、
国内屈指の国際貿易港とされています。

トヨタは三遠出身で愛知県に拠を構えていますが、
自動車の輸出入の金額・台数とも全国第一位とされ、
ドイツのブレーマーハーフェン港と並ぶ
世界的な自動車輸出入港ともされます。

昔から港を拠点に経済が栄えましたが、
海洋交易で栄えた安曇族もこの地を重視し、
渥美半島も安曇の名から来ています。

豊橋は古墳の密集地ですが、
ここから北関東にも古墳が伝播し、
日本列島の太平洋側の交易に
古代から重要な地とされていたようです。

古代において寂れたと思われている三遠も、
交易の重要な拠点であったのであれば、
素晴らしく栄えていた可能性がありますが、
『義楚六帳』に記された徐福居住の地は
長安のように栄えていたとされています。

蔵王山も霊位第一と記されていますが、
方位等の記述が東三河とは合いません。
東三河の徐福伝承』にこの周辺の問題を
一通りクリアした研究を書いておきましたが、
多角的に調べないとこの地に対比させるのは
難しい内容があります。

田原の蔵王山は龍の形をした山脈の頭にあり、
豊橋の東にも頭を西に向けた龍形の山脈もあります。
義楚六帳に「竜神報護す」と書かれた徐福王朝は
この三遠の地で龍神の加護を受けて
かの長安の都のように栄えたのであれば、
山と海の恵みに囲まれたこの地を繁栄させるには
目先の欲で自然から搾取するのではなく、
道理を踏まえ自然の神々への感謝をする事が
必要なのでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする