熊野と渥美と相模の田原

渥美半島には田原の地名があり、蔵王山が存在します。

平安時代の末期、熊野族が田原に移住してきた時、
山上に蔵王権現を山腹に熊野権現を祀って蔵王山と名付け、
この地を熊野ゆかりの田原と名付けたと伝えられています。

渥美半島の田原の地名は熊野から移されたとされていますが、
相模(神奈川県)にも田原の地名と徐福伝承が残っています。

豊川への徐福渡来の伝承を伝える『牛久保記』には
トコサブの地が登場していますが、
相模には寒川神社が存在し「寒」が共通しています。
この相模の地にも田原の地名があり、
両者の関係を調べる事にしました。

図書館で『大日本地名辞書』を借りて色々調べましたが、
死ぬほど分厚くて辟易しても読みやすかったのは助かりました。
『大日本地名辞書』の相良中郡の田原の記述は以下の通り。
 
田原
今東秦野村の大字とす、小山文書、觀應元年、
藤原秀親讓状に「相摸威田原村地頭職事」とあるは即此とす、
小山氏の祖鎭守府將禿鄕は田原藤太と稱しれり、
盖比村に因由ありしか、波多野氏も秀鄕の後なり。

秦野村や波多野と言う呼び名が出てきますが、
牛久保記には徐福の子孫が秦氏を名乗り
本宮山の麓に秦氏が多いと記され、
東三河に羽田八幡宮などの名前も残っています。

『大日本地名辞書』は相模の幡多郷(現秦野町)について
こう記しています。

波多野氏は本州の名族たりき、
藤原秀郷の裔孫、遠茂を家祖としたり

藤原秀郷は平将門を討伐した事で有名ですが、
豊橋の飽海神戸神明社も平将門討伐の記念に
寄進された伝承が残されています。

『東三河の徐福伝承』には渥美半島の田原が
熊野よりも古くから存在する地名で、
ここから相模にも田原の地名が移されたとする
出土品を含めたデータと根拠を纏めています。

鬼神を祭る奥三河の花祭も熊野修験と関わりがあり、
鬼神は国家祭祀で最高峰の存在とされ、
古代の天皇の皇位継承にまで関わっていた可能性を
『花祭:太古の鬼神の謎』で記しました。

渥美半島の田原が熊野修験の源流にあるとすれば、
田原の蔵王山は日本のトップクラスの聖地として
復権すべき聖山となるでしょう。
蔵王権現は竜の形をした山脈の頭にあるので、
風水を考慮して配置されたものでしょう。

最近は神社本庁でも離脱問題があり、
自分の地域の歴史に優れたものがあると知ると
地域自慢や虎の威を借る狐になるケースもありますが、
どれだけ優れたものを扱っていても、
扱う人が格不足ならどうしようもありません。
関係者には相応の責任が伴うものとして
姿勢を正して対応して頂きたいところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 一見居士 より:

    >豊川への徐福渡来の伝承を伝える『牛久保記』には
    トコサブの地が登場していますが、

    何という偶然。私は岡崎市本宿町の岡崎グリーンランドという新興住宅地で育ちましたが、そこの下の住所が「岡崎市本宿町『下トコサフ』」でした。

    岡崎市の東のはずれの谷間の地です。

    ちなみに本宿町は国道1号線・東名高速道路・名鉄本線が狭い谷間を通る日本有数の弱点と思える場所です。

    • Katsuyoshi より:

      一見さん初めまして。
      岡崎に下トコサフがあるとは知りませんでした。
      東三河から岡崎に行くと県を跨いだような感じになりるので
      守備範囲外として研究してきませんでしたが、
      調べてみる価値はありそうですね。
      猿投山については三遠式銅鐸の研究で纏めましたが、
      ここは東三河との関係は深いようです。