平将門首塚の深層

古い平将門の首塚の絵には、
小高い土が描かれています。

この盛られた土は柴崎古墳と呼ばれ、
大震災以降にオフィス街建築のため
切り崩されてしまったようです。

実際には首塚に首はないようですが、
この地に江戸神社が鎮座していたように、
霊地として畏れられてきた場所の様です。

首塚への参拝は同時に江戸の地霊への
参拝も兼ねている事になりますね。

天平二年(730)には社が存在し、
江戸の信仰を集めていた記録が
残されているそうです。

将門公を怨霊扱いする事により
想定されうる大きな損失の一つは、
江戸の中心の地霊をも怨霊扱いし、
江戸そのものを悪く扱う事でしょうか。

東京は江戸をベースに構築されており、
首塚を疎かにして江戸を悪く扱う事は
東京にも良い影響を出さないでしょう。

将門公の復権のために書いた本ですが、
怨霊から英雄への復権に関しては、
想定外の副産物があったようです。

改装工事でどう変わるかは知りませんが、
東京の中心たる霊地としての価値が
最大限に発揮されうる形になるのでしょうか。

ちょうど神田明神に行った時には
神主さんが不在だったので、
色々と聞こうと思っていたのに残念です。

改装工事中の首塚に寄った時には
色々と感じるものがあったのですが、
この時期に工事する理由は何だったのか、
もう少し遅らせた方が良かった気も。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする