徐福王朝と山の神

秦の始皇帝を不老不死の薬を持ってくると欺き
渡海先で王となって戻って来なかったとされる
徐福の作った王朝はどの様なものだったのでしょう。

徐福は孔子の弟子の子孫とされているので、
儒教との関わりが深かった事が強調されています。
儒教の経典の『詩経』には楚宮を建てる時に
天地の神々に伺いを立てて地例との関係を作った事が
書き残されています。

イギリスで産業革命が起こり、
植民地拡大路線に巻き込まれる形で
西洋化していく事になった日本ですが、
自然を搾取対象として見ています。

財務諸表には自然の恵みは数値化されないので、
事が起こるまでは無視していても、
食料危機や干ばつ等が起これば
多大な金が必要となるか命に関わります。

環境保護なども奴隷から搾取しすぎると
自分達もやっていけなくなる程度で
根本的な所からの見直しは弱い感じを受けます。

江戸時代までの都市開発は風水を活用していたので
一般人は自然破壊に対して考慮する必要がなく、
商売で三方良しと言っても自然までは含めていません。

雑草も江戸時代には全て名前がつき
効能なども研究されてきたのに、
現代では人間の都合だけで邪魔者扱いされ、
食べれると分かっても使えないと思っていた厄介者が
多少は使えると分かった程度ではないでしょうか。

『詩経』には草も数多く登場し神事等にも使われます。
昔は草も語りかけてきたとされる時代があり、
植物との対話は普通になされていたようです。

儒教経典を紐解いて推察していくと、
徐福王朝での自然との関係は、
山や川の神々と良い関係を作り
自然と共に喜び会える王朝であった
可能性は高いのですが、
山の神は更に考察が必要の様です。

日本でも奈良の三輪山や関東の筑波山、
富士山などは神の山とされますが、
東三河には人工的に山を作った痕跡があり、
都市開発のグランドデザインを元に
自然の山との関係で人工的な山も作ったのなら、
山を聖地として禁足地にしたり、
信仰として山を神と拝んだのみでなく、
遥かに深い自然に対する認識が存在したのでしょう。

三遠には大戦時に土の鉄分が多いからと
鉄砲の弾を作るために土を採取した山があり、
陸地の土質と別の土で出来てるのであれば
他から土を持ってきて作った事になります。

このような山を採掘工事で崩してしまう事は
どの様な理論で構築されたものかを考慮しなければ
後に想定外の被害を生む可能性があり、
開発より文化的な価値をどう活用するかで
議論する必要がある場所になりますが、
認識が低いので広げる必要があります。

個人でも企業でも国家でも、
余裕のある内に状況の変化を見据えて
次の手を打てるところは強いですが、
もう一度自分達の地域の強みを棚卸しし、
小手先ではない本質を見据えた対策を
考えておくべき時期ではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする