日本と契丹との関係

渤海の滅亡前の延喜十九年(919)に
二度目の来日をした裴璆(はいきゅう)が
最後の渤海使となったとされます。

延長四年(926)に契丹に攻撃され
渤海国が滅亡した後に東丹国が建てられ、
裴璆は経験を買われて東丹国使なり、
日本に派遣されたそうです。

日本の朝廷はこれに対し、
前回の詩席で裴璆と同席した
藤原雅量を存問使として派遣し、
裴璆に対応させたとします。

ここで渤海の滅亡に伴う様々な悲運を
旧知であった雅量に語ったものの、
この報告を受けた朝廷は裴璆を非難し、

夷狄の軍門に降って二君に仕え、
あまつさえ、現在の主君の罪業を言う

と文書をしたため非礼な東丹国とは
国交しないと放還したとされ、
契丹との国交が存在しなかったと
伝えられて来てはいます。

契丹との国交が無かったとされる話が
ここにしか根拠が存在しないのなら、
本当に鎖国状態であったか疑問であり、
国内外の歴史を総合的に検討すると、
信憑性の高さに問題が出て来ます。

この前提が崩れると何が分かるのでしょう。

唐や渤海が滅亡し契丹が隆盛する情勢下で
道真公が大宰府左遷で死んだとされますが、
この周辺を解明する事で天神信仰の謎が
紐解ける可能性が秘められています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする